季節の変わり目、いつも体調崩してしまうあなたのために!

季節の変わり目、いつも体調崩してしまうあなたのために!

秋から冬への変わり目、気温が変わりやすくいつも体調を崩してしまう方、少なくはないと思います。そんな人たちのために季節の変わり目の風邪をどのように予防するのかをご紹介します。


なんとなく熱っぽいな?
毎年この季節そんなことを感じていませんでしたか?

実は秋風邪が原因かもしれません!

秋風邪の特徴

まずは秋風邪の特徴から見ていきましょう!

症状としては、普通の風邪と変わるものではありません。喉の痛みや咳、発熱、そして頭痛などの症状が現れます。秋風邪は症状がそれほど強くないものの、長引くと言われています。

主な秋風邪の原因

空気の乾燥

空気が乾燥している秋は咳などを引き起こす
原因をつくります。

朝晩の冷え

秋の朝晩の冷えも風邪を引き起こしますから、
寝ている間も注意をすることが必要です。

体の疲れ

秋風邪に限ったことではないですが、体が疲れていると免疫力が下がって風邪をひきやすくなります。

秋風邪対策どうすればいいの?

首にタオルを巻く

厚い布団をかけることはかえって汗をかいてしまってよくありませんが、大事な喉を守るために、
寝るときは首にタオルを巻くようにしましょう。それだけで冷えを防ぎますから、後は薄い布団をかけるだけで大丈夫です。

寝る直前にお風呂に入らない

お風呂に入って体を温めることが寝冷え対策になると思われがちです。しかし、いったん体が熱くなると、今度はそれを冷やそうという働きが出てきます。入浴後すぐにそのまま眠ってしまうと体温調節がきかず、逆に体が冷えてしまうことがあるようです。

寝るときに靴下を履かない

睡眠時に靴下を履くと足を温めすぎてしまい、脳が体を温める必要がないと感じ、血液循環が促されないままになってしまうそうです。しかし、冷え性の人にとっては、足の冷えはなんとかしたいものですよね。

食べ物や飲み物にも注意

だ暑い日もあることから冷たいものや冷たい飲み物ばかりほしい、という人もいるでしょう。しかし、冷たいものばかりを食べていては、胃腸が弱ってしまいます。風邪を予防して元気な体を作るためには、あたたかい食べ物や飲み物にすることがおすすめです。冷たい水やジュースを飲むよりも、
温かいお茶を選びましょう。

まとめ

秋は文学の秋、運動の秋、食の秋、なんてよく言いますよね。みなさんも空気の乾燥や寝冷えには注意して今年の秋を思う存分楽しみましょう。

この記事のライター

最新の投稿



糖尿病でも大丈夫!低糖質スイーツが楽しめるお店~関西版~

糖尿病でも大丈夫!低糖質スイーツが楽しめるお店~関西版~

糖尿病だけど美味しいケーキ・スイーツが食べたい!糖質が少なくても上質なスイーツが食べられたら…そんな風に思う方は多いハズ! 関西圏内の美味しい低糖質スイーツ店をご紹介します!


人工透析中の食事管理。治療中でも毎日楽しく食べたい!

人工透析中の食事管理。治療中でも毎日楽しく食べたい!

人工透析中でも食事管理はとても大切です。特に、水分・タンパク質の管理は重要で、毎食バランス、摂取量を考えなければなりません。大変な食事管理の中でも食は楽しみでもあり、制限などにしばられるとストレスを感じてしまう事も。


糖質制限は朝食が肝(キモ)!効果を最大化させる方法

糖質制限は朝食が肝(キモ)!効果を最大化させる方法

糖質制限は、ダイエッターなら一度は試しみたいダイエットですね。朝食を抜くと逆に太りやすくなってしまうのをご存知ですか? 「明日からダイエット」と言っても、1日の最初に食べる食事は朝食なように、糖質制限ダイエットは朝食から大事!糖質制限ダイエットにおける朝ごはんの重要さを見直していきましょう。


糖尿病は心筋梗塞発症リスクを上げる

糖尿病は心筋梗塞発症リスクを上げる

心臓の病気と聞けばすぐに命に関わることと当然のように認識されています。 糖尿病は膵臓に関わる病気であって心筋梗塞とは直接は結び付かないように思われますが、実は大きなかかわりを持っています。 恐ろしい心筋梗塞だからこそ病気を知り、予防を心がけましょう。