毎日摂りたい!血糖値を改善する食べ物~たまねぎ編~

毎日摂りたい!血糖値を改善する食べ物~たまねぎ編~

現代の生活習慣病のひとつとして深刻な問題となっている「糖尿病」。血糖値を下げる食べ物ってなにがあるんだろう?と、気になる方も多いはず。ここでは代表的な食べ物たまねぎについてご紹介します。


血糖値を下げる?たまねぎの栄養価をおさらい

玉ねぎに主に含まれている栄養素を見ていきましょう。
・リン
・ビタミンB1
・ビタミンC
・β-カロテン
・葉酸
・カリウム
・食物繊維

ですが、他の野菜などと比べるとその含有量は少なめとなっています。
栄養やビタミン補給のために食べるというよりも、
他の野菜などと一緒に食べて栄養の補助をするというお野菜です。

どこのお宅でも必ずといっていいほど常備してあるたまねぎ。
誰にでも調理しやすく、手軽に取りやすい食材です。
お味噌汁や、炒め物の具材、みじん切りにしてお肉のつなぎに使うなど、ちょっとしたことにつかえて万能なお野菜ですね。

血糖値を下げるのに効果的なのは「イソアリイン」!

玉ねぎを切った時、目にしみて涙が…という経験をした方は多いと思います。
実はその目に染みる成分「イソアリイン」こそが、血糖値を下げるインスリンを補助するように働くのです。

血糖値を下げる目的で摂取するのであれば1/4個が目安

玉ねぎは、サラダなど生で食べるのが1番オススメです。

サラダにするときは辛みが気になるかもしれませんが、辛みを抜くために水にさらしてしまうとせっかくの栄養分が流れ出してしまいます。しっかりと効果を得たいのであれば、水にさらさず食べる方が良いでしょう。

また、玉ねぎを切ったあと10分から20分ほどおいておくと、栄養分が増えるのだとか!!せっかくですから、玉ねぎを切った後すぐ調理せずにしばらく置いておきましょう♪

代謝を助けるビタミンB1の吸収をサポート

食べたものをエネルギーにしやすくなる訳ですので、スタミナアップや疲労回復に役立ちます。

皮にも栄養たっぷり!「ケルセチン」

ケルセチンはフラボノイド系ポリフェノールの一種です。
ブロッコリー・ほうれん草・りんごなどと言った多くの植物に含まれています。
含有量は玉ねぎが一番だとも言われています。

ケルセチンは、玉ねぎの中でも私たちが普段食べている白い部分ではなく、茶色い外皮の部分に豊富に含まれています。ケルセチンにも様々な健康・美容効果が詰まっています。

抗酸化作用バツグンでアルツハイマーの予防効果も

抗酸化作用が強い成分には”ビタミンE”が有名ですが、それよりも非常に強力なチカラがあるのがケルセチンです。この抗酸化作用によって、活性酸素の除去に効果があり紫外線のダメージからお肌を守り、シミやシワを防ぎます。

さらに皮膚バリアの強化作用があり、抗ヒスタミン作用があることから花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギーの改善にも効果があると言われているので、荒れ肌などの解消にも効果的です。
また、腸内環境を改善する効果もあることも、荒れ肌解消の効果として有効です。

血糖値を下げる食べ物とは言え、食べ過ぎには注意

玉ねぎを摂りすぎると、体調不良などの症状を起こすこともあります。

玉ねぎに含まれる硫化アリルは、胃酸の分泌を活発にします。摂り過ぎると「胸焼け」「吐き気」「下痢」などの症状を引き起こす可能性もあります。

硫化アリルは強い殺菌効果があることから、あまり食べすぎてしまうと、必要な菌まで殺してしまい、腸の調子が悪くなってしまうことも考えられます。

玉ねぎの最大の特徴は「血液サラサラ効果」ですが、食べ過ぎると逆に血圧を下げ過ぎてしまい貧血を起こす可能性もあります。

これら症状が出やすいのは、生食した場合に多く見られるようです。生玉ねぎの1日摂取目安量はだいたい50グラム程度(4分の1個)と覚えておきましょう。
加熱して食べるぶんには、食べ過ぎということはほとんどありませんので、あまり気にしなくても大丈夫です。

たまねぎを美味しく食べるために。食べ合わせのよい組み合わせは?

たまねぎ×豚肉

豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれます。
硫化アリルがビタミンB1を活性化させることで、疲労回復に非常に効果的です。

ビタミンB1を豊富に含んでいる豚肉については下の記事から見られます。
玉ねぎは豚肉と一緒に調理されることも多いですが、まさにバランスバツグンな組み合わせというわけです。

糖尿病予防・改善に!毎日使える低糖質レシピ 豚肉編(1)

http://blue-circle.jp/articles/176

糖尿病改善のため、自炊をしたいけど、毎日の食事を考えるのが大変…そんな時に使えるおいしいレシピをご紹介します!今回は豚肉編です。

たまねぎ×納豆

納豆に含まれるナットウキナーゼとケルセチンの力で冷え性改善に◎
納豆に玉ねぎのみじん切りを混ぜるなどして食べやすくアレンジ。

たまねぎ×トマト

トマトに含まれるリコピンとたまねぎの強力な抗酸化力をプラスしてアンチエイジング効果を発揮します。
ミートソースなどでよく食べる組み合わせですね。

その他にも相性の良い魚介類などが豊富にあります。
たまねぎだけでなくどんな食材にも言えることですが、それ単体で食べるよりも、複数の食材と食べることによってより多くの栄養素や健康効果がUPしますので、ひとつだけではなくバランスよく食べることをオススメします。

まとめ

玉ねぎの栄養やその働きについてご紹介しました。普段何気なく食べているだけの玉ねぎに、血糖値を下げる効果やさまざまな美容効果などがあることを知って頂けたと思います。
調理法をもさまざま、食べあわせのバリエーションも豊かですから、普段の食事がに無理なく取り入れてみてくださいね。

関連する投稿


糖尿病と腎臓病の関係。~慢性腎臓病ってどんな病気?~

糖尿病と腎臓病の関係。~慢性腎臓病ってどんな病気?~

腎臓は障害を受けた場合、二度と回復することをご存知でしたか? 予後良好への道は 透析や腎臓移植を選択するほかないという事になります。 そうなる前に私たちはどんな対策を取っておくべきなんでしょうか。


妊娠糖尿病大辞典!原因・予防法から検査方法や入院の事まで!

妊娠糖尿病大辞典!原因・予防法から検査方法や入院の事まで!

自分、または家族の人が「妊娠糖尿病」を指摘されて驚いていませんか? 糖尿病と縁がなくても可能性があるんです。くわしい内容を知って回避または改善を試みましょう。


糖尿病と生理(月経)。切り離せないネックな関係

糖尿病と生理(月経)。切り離せないネックな関係

糖尿病を患っている女性では、月経異常や不妊症になりやすいという結果がでています。 どういった関係があるのかわからなく不安に思う人もいるでしょう。ここでは、女性ホルモンから、糖尿病と生理のつながりをしっかりお伝えいたします。


糖尿病と脂質異常症。二つの併発は危険?その理由とは・・・

糖尿病と脂質異常症。二つの併発は危険?その理由とは・・・

関係なさそうに思う二つの疾患、脂質異常症と糖尿病が合併すると数倍の威力となって動脈硬化を亢進させます。その理由や予防策をしっかり解説いたします。


糖尿病と貧血のキーマンは腎臓だった!知っておきたい身体の事。

糖尿病と貧血のキーマンは腎臓だった!知っておきたい身体の事。

糖尿病になると合併症として挙げられる3つの病気についてはよく知られていますが、「貧血」に関わる実態に関しては多く知られていません。糖尿病を持っている人では密かに貧血が隠れていることが多いのも現状です。 糖尿病と貧血の関りを探ってみましょう。


最新の投稿


糖質制限中の外食、気をつけたい5つのポイント!

糖質制限中の外食、気をつけたい5つのポイント!

糖質制限中の外食の際、自分ひとりの食事はなんとかなっても、家族や友人、会社の付き合いで食事をする機会も多くあります。そんな時もポイントさえおさえれば大丈夫!糖質制限中でも外食を楽しみましょう!


ロカボ体験記(13):ローソンの「ブランのスイートチョコロール」

ロカボ体験記(13):ローソンの「ブランのスイートチョコロール」

ぺたこのロカボ体験記★この記事ではロカボを意識している人、糖質制限ダイエットを行っている方向けに、スーパー・コンビニ・チェーン店などにある糖質オフメニュー・低糖質食品等のご紹介を行っていきます。 今回はローソンの「ブランのスイートチョコロール」をレビューします。


人工透析とたばこ。もっとも注意しなければいけないことはコレ。

人工透析とたばこ。もっとも注意しなければいけないことはコレ。

人工透析治療を導入すると、生命予後はよくなりますが、 生活スタイルが大きく変わりますね。例えば、絶対に定期的に病院へ通わなければならなければなる、食事に気を付けなければいけなる、透析中心といっても過言ではない生活になります。今回は導入前は日常のように吸っていたタバコ、透析導入と共に何か危険となってくるのしょうか?


糖尿病と腎臓病の関係。~慢性腎臓病ってどんな病気?~

糖尿病と腎臓病の関係。~慢性腎臓病ってどんな病気?~

腎臓は障害を受けた場合、二度と回復することをご存知でしたか? 予後良好への道は 透析や腎臓移植を選択するほかないという事になります。 そうなる前に私たちはどんな対策を取っておくべきなんでしょうか。


糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病になると皮膚のかゆみが出てくる時があります。なぜでしょうか? 高血糖が続くと免疫力が低下し、合併症を起こしやすく末梢神経・循環の機能障害から、皮膚トラブルも起こしやすくなってしまいます。 糖尿病と皮膚の関係を知り、正しいスキンケアを身につけて、かゆみ等の皮膚トラブルを未然に防ぐことが大切です。