糖尿病生活 Q&A「どうして高血糖な食べ物はダメなの?」

糖尿病生活 Q&A「どうして高血糖な食べ物はダメなの?」

高血糖・高脂質なもの、食べたくなりますよね。。 ただ怖いのが食後の高血糖(食後高血糖)。 糖質制限が基本の糖尿病ですが、そもそもそれはなぜなのでしょう? ざっくり理解していてももう一度見直してみましょう!


「食後高血糖」とは?

「食後高血糖」は、糖尿病だけでなく糖尿病予備群においても重要な指標のひとつとして注目されています。
食事で摂取されたブドウ糖は、腸で吸収されて血液中に移行し、インスリンの働きによって肝臓や筋肉などの組織に取り込まれ、エネルギーとして利用されます。したがって、食事をすると一時的に血糖値が上昇します。
健康な人の場合、食後2時間もすれば血糖値は140㎎/dL未満に低下しますが、血糖値が低下せず140㎎/dL以上の高い値が続く状態を「食後高血糖」といいます。このような「食後高血糖」は、重大な合併症が発症する危険性(リスク)を上昇させることがわかってきました。
また、糖尿病を発症した早期の段階には、空腹時血糖値が正常域であっても、「食後高血糖」がみられることがわかっています。

なぜ「食後高血糖」は起こるの?

健康な人でも糖尿病予備群でも、食後の血糖値は上昇します。
健康な人では血糖値が上昇すると、すい臓から適切な時間に適切な量のインスリンが分泌され、その働きによって血糖値は低下し、食後約2時間後には空腹時の値に戻ります。
一方、糖尿病や糖尿病予備群の人では、インスリンの分泌量が少なかったり、分泌する速度が遅かったりと、血糖値を下げる働きが十分でないため、食後2時間たっても健康な人のように血糖値は低下せず、高血糖の状態が続いてしまいます。

危険な「食後高血糖」は特に注意が必要!!

「糖尿病型」と「境界型」に含まれる「食後高血糖」は、いずれの病型でも食後血糖値は高値を示しますが、動脈硬化や死亡などのリスクについても同じかというと必ずしもそうではありません。
アジア人(日本人、中国人、インド人など)を対象とした調査※1では、OGTT2時間値※2のみが高値を示した「糖尿病型」の死亡リスクは、「正常型」の約3.5倍高く、また「境界型」よりもリスクが高いことがわかりました。
空腹時血糖値がたとえ正常であっても、食後血糖値が明らかに高い人は、死亡リスクが高いことから、「食後高血糖」は特に注意が必要と考えられます。
※1:DECODA study (2004)
※2:経口ブドウ糖負荷試験2時間値

あなたは何パターン?

糖尿病は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)など様々な検査によって総合的に判断されます。空腹時血糖値、ブドウ糖負荷後2時間値の2つの指標から、「糖尿病型」、「正常型」と、その中間である「境界型」とに分類されています。

何パターンかを調べるには、やはり病院が一番です。
気にされている方は一度なにもなくても病院で検診を受けてみましょう!

「食後高血糖」と「空腹時高血糖」では心血管系疾患のリスクが違う?

国内の調査※では、同じ「境界型」であっても、食後高血糖の人(耐糖能異常、IGT)と、空腹時血糖値が高い人(IFG)では、心血管系疾患(心筋梗塞などの心血管系の病気)を発症するリスクに差があることがわかっています。
食後高血糖(IGT)や糖尿病の患者さん(DM)では、OGTT2時間値が140㎎/dL未満の正常な人(NGT)に比べて、心血管系疾患による死亡リスクが高いことが示されています(下図左)。
一方、空腹時血糖値が高い人(IFG)では、心血管系疾患による死亡リスクは正常な人(NFG)と同じ程度ですが、糖尿病の患者さん(DM)はかなり高いことが示されています(下図右)。
この結果から、「空腹時高血糖」よりも「食後高血糖」の方が心血管系疾患による死亡リスクへの影響が大きいことがわかります。
※Funagata Study (1999)

食後高血糖を改善するために

食後高血糖の改善で効果的なのは、やはり食事と運動です。食事では少し工夫することで、血糖値が上がるのを抑えやすくなります。
 食事の初めに野菜など消化吸収の遅い食品を選び、よく噛んで食べる、食品は食物繊維の多いものを選ぶ、グリセミック指数(GI)の低い食品を選ぶといった工夫が役立地ます。
 このうちグリセミック指数(GI)は、ブドウ糖を摂取した後の血糖上昇率を100として、それを基準に、同量摂取したときの食品ごとの血糖上昇率をパーセントで表した数値。日本語で「食後血糖上昇指数」と訳されることもあリマス。GI値が高いほど食後の血糖値を上げやすく、低いほど上げにくくなります。

GIは食品の食物繊維の含有比率、調理や加工方法、組合せ、咀嚼回数などで変わる。ごはんやパンでは、精白されたものよりも全粒穀物が入っていた方が、GI値が低くなり吸収が遅くなる。
 全粒穀物は、加工度の低い、自然のままに近い穀物のこと。米、小麦、トウモロコシや、キビ、アワ、ヒエ、ソバなどがある。全粒穀物は食物繊維が豊富で、ビタミンやミネラルなどの栄養素も精白されたものに比べ多く含まれる。

牛乳をいっしょに飲むとGI値は低くなる

オーストラリアのシドニー大学では、GI値55以下の食品を低GI食品と定めている。低GIで食事で利用しやすく、栄養価も優れた代表的な食品がある。それが牛乳だ。
 牛乳や乳製品のGI値は20から29ぐらいで、GIに1食当たりの炭水化物の量をかけたGL(グリセミック・ロード)という指標でも低い数値が出ている。
 ご飯に牛乳を組み合わせたときのGI値を検討した研究で、牛乳をご飯を食べる前に飲んだ場合、食べながら飲んだ場合、食べた後で飲んだ場合を比較した。血糖値の上がり方を示す曲線のかたちに違いがみられたが、いずれもご飯だけを食べた場合と比べ、GI値は低下した。
 牛乳や乳製品には蛋白質、脂質、炭水化物、カルシウム、ミネラルなどが含まれる。骨粗鬆症の予防、筋力増大、肥満予防と適正体重の維持といった効果も報告されている。糖尿病の食事療法では、1日180mL(120kcal、カルシウム量は200mg)を飲むことが勧められている。
 なお、食品はいったん食べてしまうと、GI値が高かろうが低かろうが最終的にからだに吸収され、エネルギー量は変わらない。食べすぎれば太るし、エネルギー摂取が多すぎると血糖値は上がる。低GIであれば、「いくら食べても大丈夫」というわけではないので、ご注意を。運動療法も行っている人は、食後1時間から2時間にウォーキングなどの運動をすると、食後高血糖の改善に効果的。

この記事のライター

まだまだ未熟ですが管理栄養士です!
仕事でも日々の勉強でもスキルアップしていきたいと思います!

最新の投稿


糖尿病でも大丈夫?甘党に朗報!「オリゴ糖」が血糖値を上げにくくする?

糖尿病でも大丈夫?甘党に朗報!「オリゴ糖」が血糖値を上げにくくする?

オリゴ糖が糖尿病患者に人気なんです!糖尿病を予防する為には、食事療法、運動療法、薬物療法が最も適しています。その中の食事療法で、今注目されているのがオリゴ糖なのですが、なぜ、このオリゴ糖が糖尿病患者に人気なのでしょうか?


糖尿病食事レシピ【 お弁当に★アスパラの肉巻き 】 

糖尿病食事レシピ【 お弁当に★アスパラの肉巻き 】 

糖尿病の方でもおいしく食べられるレシピ。 夕飯と翌日のお弁当にまで入れられます!にんじんとミニアスパラで綺麗な格子柄にして、見た目も美味しく仕上げました^^


糖尿病を理解するための基礎知識3点 初級編 part2

糖尿病を理解するための基礎知識3点 初級編 part2

糖尿病と診断されてしまった方、糖尿病の勉強を始めようとしている方、そんな方々のために、糖尿病を知る上で必要な基礎知識をまとめています。今回は、糖尿病とは何なのか、原因と分類について書いてみました。是非参考にしてみてください。


糖尿病食事レシピ【きのこスープ】

糖尿病食事レシピ【きのこスープ】

糖尿病患者さんでも美味しく食べられるレシピ。きのこ類は免疫調整物質(BRM)の一つ、グルカンが豊富に含まれており、免疫力を高めます。


糖尿病を理解するための基礎知識5点 初級編

糖尿病を理解するための基礎知識5点 初級編

糖尿病になってしまった・・・。糖尿病の勉強を始めたいけど、何から始めればいいか分からない・・・。そんなあなたのために、糖尿病を知る上で必要な基礎知識を簡単にまとめてみました。糖尿病の原因や体の中で起こっていること、放っておくとどうなってしまうのかなど、基礎的な知識を身につけたい方は、是非参考にしてみてください。