野菜を摂るならコレ!上手に血糖値を抑えよう!

野菜を摂るならコレ!上手に血糖値を抑えよう!

糖尿病の食事療法だと、一日に300gの野菜を食べることが基本とされています。 では、何を食べるとより糖尿病改善の効果が見られるのでしょうか?


糖尿食、野菜の上手な摂り方とは!?

糖尿病の方にとって欠かせない食材に野菜があります。野菜は糖質が少なく食物繊維が多いため、糖尿病の方にとっては最高の食材。
ちなみに食物繊維には、水溶性と不溶性の2種類があるのをご存じでしたか?
水溶性の食物繊維には、水溶性ペクチン・アルギン酸・グルコマンナン等があります。水に溶けやすい食物繊維なので、便秘症で便に水分が足りないタイプの人にお勧めです。
不溶性の食物繊維は、ごぼう・オクラ・こんにゃく・さといも・納豆など、粘り気の多いイモ類や根菜類に多く含まれています。
水溶性と不溶性の両方の食物繊維を摂ることで、血糖値の急上昇を押さえることができます。また、コレステロールの吸収抑制作用、血圧が上がるのを防ぐ、といった働きも期待できます。
いろいろな野菜をまんべんなく食べることも大切ですが、糖尿病の方に特におすすめの野菜もあります。

玉ねぎ おすすめ度★★★

玉ねぎの独特の刺激臭は、イオウ化合物であるイソアリインという成分によるもの。このイソアリインには強い血糖低下作用が認められています。しかもインスリンを増やすことなく、血糖値だけを下げてくれるため、糖耐能といってインスリンに対する慣れも生じません。
イソアリインは熱で変化するため生食がおすすめですが、水溶性ビタミンが溶け出さないよう、水にさらす時間は最小限にした方がいいでしょう。

オクラ おすすめ度★★★

オクラに含まれるネバネバ物質はペクチン、ガラクタンという食物繊維。このネバネバ成分は、腸内で糖質を包み込んでその吸収を遅らせるため、食後血糖値の上昇を抑える効果があります。
また、胃壁を保護して消化不良などを防ぐとともに、整腸作用をもたらし便秘を解消してくれます。それだけではありません。オクラにはミネラルや亜鉛も豊富に含まれているため、体内でインスリンの原料にもなってくれる心強い食材なのです。

・赤ピーマン おすすめ度★★

高血糖の状態が続くと、体内を老化させる活性酸素という物質が増え、それにともなって血管障害や腎障害が起きます。赤ピーマンに含まれるβ-カロテンは、この一連の流れを抑えるように働き、合併症を予防してくれます。
また、β-カロテンの抗酸化力は、インスリンを分泌する膵臓β細胞を保護する効果もあるといわれています。

・もやし おすすめ度★★

もやしには多くの食物繊維が含まれています。たとえば大豆もやし100g中に含まれる食物繊維の量は、同量のレタスの2倍ほど。その90%以上が不溶性食物繊維なので、腸内の糖質や脂質を一緒に排出してくれます。
その結果、食後血糖値の上昇が抑えられ、便秘解消にも効果を発揮します。価格がリーズナブルでたくさん食べられるのもうれしいですね。妙め物やおひたし、みそ汁など、調理法をいろいろ工夫して、副菜としてたくさん摂るようにしましょう。

糖尿病の食事を大研究!-その②「お魚と野菜」

http://www.nagayoku.com/columu/food2/

前回は、糖尿病の方の平均推奨カロリーは1600kcalで、たんぱく質、脂質、糖質のバランスは、55:25:20が良いということをお話しました。今回では更に進んでお魚と野菜について。 お魚や野菜はいずれも糖尿病には良いとされていますが、まだまだ分からないことばかり… では、なぜ糖尿病にはお魚や野菜が良いのか、オススメレシピと一緒にどうぞ。

野菜なら何でも糖尿病にいいの?NG野菜があった

とはいっても、野菜なら何でもいいって
わけじゃないんです。

野菜の中にも、少数ですがGI値が
高いものが存在します。

でも高いものは食べちゃだめ、という
ことじゃありません。

炭水化物と同じ扱いにして、食事の
あとの方に食べることをおススメします。

知らないと損してるかも?糖尿病に大事なGI値ってなに?

http://blue-circle.jp/articles/45

糖尿病について、よく知っている方も、最近勉強し始めた方も、ネットで「GI値」と言う文字、よく見かけませんか? なんとなくは分かるけど、、、実際のところよくわからない!というから多いと思います!そんな方のためにGI値徹底解説!

「GI値ってなに?」と思ったらこちら↑

GI値が高い野菜

厳密に覚える必要はありません、
大まかに『いも類とにんじん、コーンは最後』
くらいの認識で大丈夫です。

なので、同じサラダでもポテトサラダは
食事の最初にはNGです。

因みに・・・GI値が低い野菜は?

生で食べられて、サラダになりそうな
野菜には色をつけています。

結構ありますよね!

これだとコンビニのサラダでも十分
対応できます (・∀・)ノ

関連・参考記事

この記事のライター

あおいまる編集部のIです。

最新の投稿


ダイエットと炭水化物の関係。始めよう糖質制限(糖質ダイエット)!

ダイエットと炭水化物の関係。始めよう糖質制限(糖質ダイエット)!

今回はダイエットと炭水化物の関係についてです。 炭水化物は、タンパク質や脂質とともに三大栄養素と呼ばれています。そして炭水化物抜きダイエットというものがありますが、ダイエットと炭水化物はどう関係しているのでしょう?


皮膚がかゆい?!糖尿病と皮膚の密接な関係

皮膚がかゆい?!糖尿病と皮膚の密接な関係

糖尿病の3大合併症はよく知られていますが、このほかにも皮膚に関係する病気がいくつもあるんです。しっかり知って、皮膚のトラブルを回避しましょう!


糖尿病性網膜症、あなたは本当に大丈夫ですか?

糖尿病性網膜症、あなたは本当に大丈夫ですか?

糖尿病性網膜症は、糖尿病の合併症の一つです。自覚症状なく網膜の損傷は進行するのです。 病気を知ることこそ失明の防止となるのです。 まずは糖尿病性網膜症について、詳しく理解するところから始めましょう!


糖尿病と尿の関係を徹底解説!泡や尿糖で診断できる?

糖尿病と尿の関係を徹底解説!泡や尿糖で診断できる?

糖尿病と尿の関係はどういうものなのでしょうか?尿は単純なものではありません。糖尿病や腎臓に関するサインを私たちに投げかけます。健康診断での検査結果から目で見える異変についてまでを詳しく分かりやすくお伝えいたします。


糖尿病の低血糖。甘く見てはいけない知らないと本当に危険な話

糖尿病の低血糖。甘く見てはいけない知らないと本当に危険な話

低血糖を起こさないで安心して生活するためには、まずは糖尿病と低血糖に関する知識を持ちましょう。 特に糖尿病の方は治療を受けている中で、低血糖で危険な状態に陥ることもあります。 今回は低血糖の詳しい内容をお伝えいたします!