予備群の方にも!糖尿病予防にオススメサプリまとめ

予備群の方にも!糖尿病予防にオススメサプリまとめ

糖尿病は、長期的には手足のしびれや失明、腎臓障害を起こす慢性的な病気です。でもサプリメントで糖尿病予防の手助けができたら、こんなに嬉しいことはないですね。手に入りやすいものから話題の新しいものまで糖尿病のサプリメントを一気にご紹介します。


糖尿病予防に効果ありのサプリとは?

糖尿病に良いといわれているサプリメントには様々な種類があり、それぞれの作用は異なります。糖の分解吸収を手助けするものやインスリンの合成や分泌を促すものなど、その作用を知ってご自分にあったサプリメントを見つけてくださいね。

手に入りやすい2つの成分

マグネシウム

マグネシウムは様々な酵素の働きを助けるミネラルの一つです。カルシウムに相対するもので体の中では骨や細胞内に貯蓄されています。マグネシウムは玄米や海藻類、ナッツ、大豆などに含まれていますが、調理過程で失われてしまうことが多いのが難点です。

体内のマグネシウムが減るとインスリンの分泌を低下させるために、血糖値が高くなります。ですから、体内にマグネシウムを補充することによって、インシュリンの分泌を促して血糖を下げる効果があるのです。

マグネシウムの作用は血糖値の調整だけではなく、血圧の調整や筋肉の収縮にも役立ちます。糖尿病だけでなく高血圧にも効果があるとされています。これは一石二鳥ですね。

マグネシウムは通常便秘薬などにも含まれる成分ですが、1日350mgを超える摂取は控えるようにと言われています。マグネシウムの取りすぎは高マグネシウム血症という状態に陥り、吐き気や喉の渇きなどの脱水症状と下痢を伴いますから用法用量は守りましょう

ビタミンB群

ビタミンB特にB1は炭水化物がエネルギー源として使われる時に必要なものです。炭水化物がエネルギーとして消費されないと、消化過程で糖質(ブドウ糖)に変化して血糖値を上昇させます。そのため、ビタミンB1の摂取はなくてはならないものなのです。ビタミンB1不足は糖尿病の大敵なのです。

また生活習慣病と言われる病気は、糖尿病の他に高脂血症、高コレステロール血症、高血圧も含まれ、重複した疾患を持っている方も多いのが特徴です。脂質の代謝を助けて役割をするのがビタミンB2です。
高脂血症も合わせて気になる人には、2つの成分を一度に摂取できるものもあります。

ビタミンB1、B2の両成分は水に溶けやすく熱に弱い特性を持っています。十分な効果を期待したいなら少し多めに摂取するのも得策かもしれませんね。

大注目の成分「クロム」

最近注目の成分としてはクロムの存在は外せません。糖尿病のサプリメントとして大きく注目されています。

クロムは、正常な糖や脂質の代謝に欠かせない成分だと言われています。特に血糖値の調節する作用が注目され、様々な糖尿病サプリメントに含まれています。

クロムの作用の一つにインスリン抵抗性の改善があります。

インスリン抵抗性とは同じ量のインスリンを投与しても健康な人に比べて、糖尿病を患った人の方が血糖値が低下しにくいという特性のことを言います。

糖尿病が重症になるにつれてその抵抗性は増すと言われていて、クロムにはこの抵抗性を改善しインスリンが効きやすくなり、血糖値を下げることができると考えられています。

クロムは近年、インスリンの働きを助ける効果があることがわかりました。そのため、血糖値を安定させ、ダイエットや糖尿病の改善する効果に期待があつまっています。

クロムには種類がありますが、自然界に存在するクロムはほとんどが三価クロムで、栄養素として食事で摂りいれることが必要なものです。

体内に取り入れられたクロムは、体内で起こるあらゆる代謝に大きく関わっています。例えば、コレステロールの代謝、結合組織の代謝、たんぱく質代謝などです。

特に脂質代謝では、クロムが脂肪酸やコレステロールの合成を促すことで、脂質代謝を活発にするという働きがあります。その結果、コレステロール値を下げ、動脈硬化や高血圧の予防に役立ちます。

その他オススメサプリ

・血糖値を下げる田七人参

田七人参には、活性酸素を退治する強力な成分(サポニン)が認められています。 また、田七人参の持つ正常化作用により、正常な血糖値を保持します。
この効果は、田七人参に最も多く 含まれているサポニンの働きによるもので、自然に血糖値を下げることが医学的に証明されています。

糖尿病以外にも生活習慣病予防に効果あり、DHA&EPA

糖尿病予防において、今注目を集めているのがさんまやさば、いわしなどの青背の魚に豊富に含まれるオメガ3系脂肪酸のDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)です。DHAとEPAには血液サラサラ効果に加えて、血中の中性脂肪を低下させる働きがあるので、糖尿病の予防に最適です。また、DHA・EPAは動物実験において糖尿病の合併症である神経障害の発症を抑える働きがあることが明らかになっています。DHA・EPAは青背の魚を食べることで摂取できますが、効率よくとるのであればDHA・EPAサプリメントがおすすめ。

まとめ

いかがでしたか?現代人とは切っても切り離せない糖尿病の強力な助っ人となるサプリメントをご紹介しました。糖尿病を予防するためには適度な運動と、食事療法が重要ですが、サプリメントもその仲間に加えてみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

最新の投稿


糖尿病の食事レシピ・メニューで困ったらコレ!おすすめ10

糖尿病の食事レシピ・メニューで困ったらコレ!おすすめ10

糖尿病の食事で困っている人必見! 糖尿病の方でも食べられるおいしいレシピ・メニューです! ちょっとした工夫で糖質オフだったりカロリー制限が出来ちゃいます! 食卓をいつもよりもにぎやかに♪


糖質ダイエット!糖質制限の基礎知識と様々な効果に驚き!

糖質ダイエット!糖質制限の基礎知識と様々な効果に驚き!

カロリー制限ばかりがダイエットではありません。糖質制限することはインシュリンとの関わりから見えてくる効能が大きいのです。身体の中の糖質プロセスを知って、より良いダイエットに繋げましょう。


妊娠糖尿病の食事メニュー!毎日おいしく過ごそう!

妊娠糖尿病の食事メニュー!毎日おいしく過ごそう!

妊娠糖尿病ではどんな食事メニューがよいのか? 注意点をしっかり押さえればおいしい食卓を囲めます。 注意点をおさえた、美味しく食べれる食事メニューをご紹介! 食事は生活をささえる大事な要素なのでストレスの原因にもなってします。 健康かつ、満足のいく食事を毎日摂りたいですね!


糖尿病で皮膚にはどんな影響が?皮膚乾燥の対策と気になる5大症状

糖尿病で皮膚にはどんな影響が?皮膚乾燥の対策と気になる5大症状

糖尿病と皮膚との関係について。糖尿病を発症すると合併症が起こりやすくなると言われているように、体にさまざまな症状が出てきます。 皮膚もその一つ。一般的に、糖尿病患者さんの約3割に何らかの皮膚病変が見られると言われています。今は大丈夫と思っていてもそこが落とし穴になります。


糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病による皮膚や手足の「かゆみ」。症状とスキンケアは?

糖尿病になると皮膚のかゆみが出てくる時があります。なぜでしょうか? 高血糖が続くと免疫力が低下し、合併症を起こしやすく末梢神経・循環の機能障害から、皮膚トラブルも起こしやすくなってしまいます。 糖尿病と皮膚の関係を知り、正しいスキンケアを身につけて、かゆみ等の皮膚トラブルを未然に防ぐことが大切です。